多肉植物


ロケットで衣料品の他にも人気なのが「多肉植物」です。

店内にはイベント時以外でも多肉植物が品揃えしてあり、癒しのグリーンでお客様をお迎えしております。

また、毎週、金・土・日曜日には、ウッドデッキスペースにて、尾道市向島町に店舗を構えるお洒落なフラワーショップ「花のよしもと」さんによる多肉植物の移動販売を行っております。店内で販売している種類とはまた違う多肉植物と出会えるので、毎回、珍しい品種をお目当ての多くのお客様で賑わっております。

 

お近くにお越しの際にはふらっと立ち寄って頂き、ぷっくり可愛い多肉植物に癒されてみてはいかがですか?

Flower花のよしもと


住所:〒722-0073 広島県尾道市向島町5553-6

TEL:0848-45-1105

 Instagram▷https://goo.gl/QSh8bJ

 

多肉植物についてはもちろん、専門家の店長さんが植物のことについて色々とフォローやアドバイスをしてくださいます。

気になることなどあれば、お気軽に話しかけてみてください。



《多肉植物ってなに?》

多肉植物とは、肉厚な茎や葉に水を貯めることの出来る植物のことです。

多肉植物のうちで、サボテン科が非常に種類の多いグループであるため、一般的に園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」とに分けて呼ばれることが多いです。

多肉の日以外でも店頭に多数品揃えあり

★アドロミクス:小型のものが多く成長もゆっくりで、葉の形や模様も様々あり種類は豊富です。葉が取れやすいので葉挿しで増やせます。

クリステイタス

690円(税抜)


★アロエ:食用にもなっている有名な品種で、400種類以上の品種があります。

フラミンゴ

2,590円(税抜)


★エケベリア:幾重にも肉厚な葉が重なった姿が特徴的です。たくさんの種類があり、大体の葉が花のような葉を付けています。花のような形がキレイで、コレクターが多い品種です。

ネオブレーカーズ

790円(税抜)

プリンセスブルー

790円(税抜)


★カランコエ:葉がふわふわとしたものから、ギザギザしたものなど種類も豊富で、寒さで紅葉する種類もあります。花は冬に咲くものが多いです。

チョコレートソルジャー(中)

590円(税抜)

チョコレートソルジャー(大)

690円(税抜)


★クラッスラ:たくさんの品種がある属です。カネノナルキが有名で、他の種は筒状の葉を付けている物が多い。

デュビア

299円(税抜)

火祭り

299円(税抜)


★グラプトペタルム:多くは肉厚の葉をもち、葉の表面にうっすらと白い粉を帯びています。

カリフォルニアサンセット

590円(税抜)


★グラプトベリア:寒さにも強く、一年を通し戸外栽培可能です。雪が降っても大丈夫な品種もあります。

オパリナ(中)

690円(税抜)

オパリナ(大)

990円(税抜)

ティテュバンス(中)

490円(税抜)



★サンスベリア:基本的には非常に頑強で扱いやすい植物で、繁殖力もあり、葉挿しで容易に増やすことが出来ます。

ファンウッド

2,590円(税抜)


★セダム:たくさんの種類がありますが、小さなプクプクした可愛らしい葉を付ける品種が多いです。

アドルフィー

299円(税抜)

オーロラ

299円(税抜)

クラバツム

299円(税抜)


ヌスバウメリアナム

299円(税抜)

ブリトー

299円(税抜)


★センペルビウム:ラテン語で「semper(常に)」と「vivum(生きています)」が由来。「常に生きています」という名の通り、とても強い品種で育てやすく、高山性の多肉植物なので耐寒性に富んでいます。

オハイオアン

490円(税抜)


★パキベリア:パキフィツムとエケベリアの交配種。寒さにも強く暖地では戸外栽培可能で、ぷくっとした葉が特徴。

グラウカ

690円(税抜)

ムーンシルバー

490円(税抜)


★ユーフォルビア:この属に分類される植物は2,000種以上とされ、バリエーションが豊富。葉のつき方に特徴のあるものや、きれいな花を咲かせるものもある。

パイナップルコーン

1,290円(税抜)


★サボテン:さぼてん科の常緑多年生植物。中南米原産で、種類が多く、高さ10mに達する巨大なものもあります。茎は塊状・円柱状・ひも状などで、トゲのあるものが多く、黄・赤・白等の花が咲きます。

サボテン(中)

990円(税抜)

サボテン(大)

1,290円(税抜)


※価格が299円(税抜)のものは2点で490円(税抜)となります。

※上記写真の他にも種類が増えたり売り切れの場合がございます。

多肉植物の上手な育て方


◆ 置き場所 ◆

直接、雨に当たらない、日当たりが良く風通しの良い場所が適しています。

夏は、直射日光を避け、涼しい半日陰。

冬は、霜が当たらない日当たりの良い場所。


◆ 水遣り ◆

春と秋は、乾いたら、たっぷり与える。

夏は、月2回くらいで、夕方に葉水程度に与える。

冬は、月2回くらいで、暖かい午前中に与える。


◆ 植え替え ◆

春または秋の成長の始まる前に行う。

生長期は多肉植物の生育タイプによって異なります。生育タイプは「夏型種」、「冬型種」、「春秋型種」の3つに分かており、それぞれの植え替えの適期は以下のようになっています。

☆夏型種の適期は春、3~6月。

☆冬型種の適期は秋、8~11月。

☆春秋型の適期は春、3月~4月。

◆ 増やし方 ◆

挿し木

適当なところでカットし、一週間ほど日陰で乾かし、植えつける。

葉ざし

葉を取り、土の上に置いておく。根が出たら水をかける。

株分け

適当なところで、株を切り分け植える。


◆ 土 ◆

水はけと保水が良い用土が適しています。市販の用土、赤玉土と堆肥の混合でも◎

寄せ植えをして楽しむ

多肉植物を育てる上で、寄せ植えをすることも楽しみ方のひとつです。

自分で育てた多肉植物や、ちょっと徒長して伸びてしまった株をカットしても使うことができます。

 


植え替えについてのところでも触れましたが、多肉植物には夏型、冬型、春秋型という種類があります。

この種類が同じもの同士を集めて寄せ上することが重要です。

 

 <夏型>

 ・夏型ではセダム、コチレドン、クラッスラ、ユーフォルビアなどがあります。

  メインの引き立て役にセダムを埋めてやるときれいにできます。

 ・夏型の多肉植物は暖かくなってきた4月くらいから植え付けるのが適しています。

 

 

 <冬型>

 ・冬型ではアエオニウム、リトープス、ダドレア、セネキオなどがあります。

 ・生育期に入る9月~11月が植え替えに適しています。暑い時期の植え替えは根や茎が弱る恐れがあるので避けます。

 

 

 <春秋型>

 ・春秋型にはエケベリア、パキフィツム、コノフィツムなどがあります。

 ・花のような葉を持つエケベリアをメインに持って行き、パキフィツムを混ぜても良いです。

 ・基本は日当たりのいい場所で育てますが、真夏は直射日光を避けます。耐寒性はなく5°以下にならないようにします。

FAQ


Q:週末以外でもお店には多肉植物を置いてありますか?

 

A:店内には常時30種類ほどの多肉植物を品揃えしております。

  週末には、「花のよしもと」さんによる移動販売が行われる為、800点ほどの商品が店頭に並びます。

 

 

Q:気になる商品をお取り置きして欲しいのですが・・・

 

A:申し訳ございませんが、商品のお取り置きはしておりません。